株するなら第一汽船の様な株価が緩やかな銘柄を

最近は株取引をしている人も多く、周りの人から紹介をされて株を始めてみようと考えている人も増えてきています。
そこで、実際に周りの人から紹介をされて株式投資を始めるというのであれば、最初のうちは第一汽船のように株価の値動きがゆるやかなものを選んでみるとよいでしょう。

紹介者の中には株価の値動きが激しい物を好み、それが楽しいからと薦めてくることもあるかもしれませんが、これから投資をしようという時にいきなり値動きの激しい銘柄を選ぶというのはかなりリスクの高いものとなってしまいます。
値動きの激しい銘柄というのは大きな利益を期待することができますが、それに合わせて大きなリスクもあるものですから、始めたてで何もかもがよくわかっていない時に手を出す銘柄としては大きな損失を出してしまう可能性のほうが高くなってしまいます。

しかし、第一中央汽船のような銘柄であれば一日の内に何十円と動くこともありませんから、少額の投資であれば年間で大きく儲けても損をしても数万円程度で済むので初めて投資をするときにはあまり値の動かない銘柄のほうがリスクが少ないといえます。
ただし、あまり値の動かない銘柄というのは株価も低いことがあって少額の資金でも大量に株を購入することが出来るため、値動きが小さいからと大量に株を買って数円下落してしまったときにはそれだけで大きな損失を出してしまうことがあるので、注意をしておきましょう。
最初のうちは値動きの小さい株を少額の資金で投資するところから始めて、徐々に取引に慣れてきたら少しずつ値動きのある株に切り替えてみたり、株の枚数を増やしてみるなどして運用をする金額を増やしていくとリスクを抑えて効率的な投資をすることができます。